総合エンジニアリング会社 STS 住友電工テクニカルソリューションズ株式会社
HOME
会社概要 お問い合わせ
事業案内(business information)
設備システム構築
プラント&メンテナンス
建設エンジニアリング
精密機械加工
環境分析
計測器校正
ISOコンサルティング
テクニカルトレーニングコース
総合エンジニアリングとは
 
HOME > 環境分析

環境分析

事業内容主な分析機器アスベスト分析RoHS分析REACH分析土壌分析作業環境測定
分析お見積もり
目に見えないものを数字にし、快適な環境づくりをお手伝いします。

地球環境への配慮と快適な環境づくりは、今や企業活動の責務です。STSでは、目に見えない有害物質を特定し、快適で安全な環境づくりをサポート。住友電工で培った高度な分析測定技術で、製品そのものの開発・改善にも寄与します。価格・納期など、ご不明な点はお気軽にご相談ください。

センターイメージ1 センターイメージ2
新しく規制が加わり厳しくなっております。 STSではいずれも分析体制を整えております。
2008.2.28に厚労省通達(基安化発第0206003号)でアンソフィライト,アクチノライト/トレモライトの3種を加えた石綿則3-2の規定による6種類の石綿分析調査徹底が求められています。
2008.3.1よりホルムアルデヒドは特化則第3類から第2類物質に変更され、ホルムアルデヒドとこれを1wt%を超えて含有する物を使用・製造する作業場では測定が必要です。(猶予期間〜2009.2.28)
2008.4.1よりZLS(ドイツ連邦共和国製品安全局)によりPAHs(多環芳香族炭化水素類16種類)を規制。
2008.6.27よりEUではPFOSの使用禁止規制と閾値0.005wt%超含有製品の輸入販売を禁止。

あらゆるお客様の環境分析ニーズに短納期、かつリーズナブルな価格で対応致します

大阪・伊丹・横浜の3つの拠点から、作業環境、大気関係、水質関係、騒音・振動関係、土壌調査関係などの有資格者がお客様をご訪問。お客様のニーズに合わせた柔軟なサービスとクイックレスポンスでお応えします。
また、一定以上の技術水準を満たしているとして、日本作業環境測定協会(JAWE)のアスベスト(石綿)の分析測定が可能な機関として登録されています。


STSの特徴

ビジネスの幅を広げる組織連携体制

分析結果には製造工程の改善や研究開発のヒントになるさまざまな関連性があります。STSでは各組織が連携して、ビジネス展開につながる施策をご提供します。
住友電工・解析技術研究センター(ATRC)

化学状態やプロセス解析、ナノレベルの結晶組織評価や非破壊分析による故障モード解析など、特徴ある技術を柱に高度な解析に対応したATRC。製品の高機能化に威力を発揮する材料解析も強みです。STSではグループ企業の強みを活かし、効果的なATRCとの提携で分析・解析を提供します。

■ 資格者

環境計量士/作業環境測定士/大気関係公害防止管理者/水質関係公害防止管理者/騒音関係公害防止管理者/振動関係公害防止管理者/ビル管理技術者/土壌調査技術管理者

■ 計量事業登録

大阪府第10271号(濃度)/
兵庫県計証第濃7号(濃度)/
神奈川県第178号(濃度)

■ 作業環境測定機関指定

大阪労働基準局第27-80号/
兵庫労働基準局第28-47号/
神奈川労働基準局第14-93号

■ 建築物空気環境測定業登録

大阪府24空第2-4号/
兵庫県11空第14号の24

■ 土壌汚染指定調査機関登録

環境省2003-1-445/ 大阪府H15-1-219

主な保有資格はこちら
|環境分析|事業内容主な分析機器アスベスト分析RoHS分析
REACH分析土壌分析作業環境測定分析お見積もり
 
このページのトップへ
 
 
©2016 Sumitomo Electric Technical Solutions,Inc.
リンクについて個人情報保護方針サイトマップ