総合エンジニアリング会社 STS 住友電工テクニカルソリューションズ株式会社
HOME
会社概要 お問い合わせ
事業案内(business information)
設備システム構築
プラント&メンテナンス
建設エンジニアリング
精密機械加工
環境分析
計測器校正
ISOコンサルティング
テクニカルトレーニングコース
総合エンジニアリングとは
 
HOME > 環境分析 > アスベスト分析

アスベスト分析

環境分析事業内容主な分析機器RoHS分析REACH分析土壌分析作業環境測定
分析お見積もり

労働安全衛生法の改定で、アスベスト含有基準が「0.1%」と定義され、これにあわせて、分析方法もJISに1本化となりました。
当社は、精度よい分析体制を充実させ、建材中のアスベスト分析、空気中の濃度測定などあらゆるご要望に短納期、かつリーズナブルな価格でお応えします。
天然鉱物(粉状タルク、セピオライト、バーミキュライト、天然ブルーサイト)の分析もお請けします。



建材中のアスベスト分析

[JIS A 1481:2006]
目視または設計図書などで使用・不使用が 判断できない場合、サンプルを採取し調査を行います。
●定性分析……位相差分散顕微鏡、X線回折装置をもちいて、含有の有無を確認します。
●定量分析……X線回折装置をもちいて、含有量を測定。0.1%以上の場合、石綿障害予防規則の対象になります。
X線回折装置

空気中のアスベスト濃度の調査

[平成元年12月27日 環境庁告示第93号]
室内空気および解体作業中の敷地境界空気における濃度を測定します。
●空気中の粒子をフィルターに集め、位相差顕微鏡をもちい繊維状物質の 計数、濃度を算出します。
●低温灰化後、分散染色法を用いて精密分析を行い、濃度を算出します。
位相差分散顕微鏡
STSの特徴

1.信頼のある分析機関です

一定以上の技術水準を満たしているとして、日本作業環境測定協会の「石綿含有建材中の石綿含有率等の分析機関一覧」に掲載されています。

2.正確な測定分析をスピーディーに実施します

STSは室内空気環境・作業環境・大気測定など数々の測定で実績があり、高度な測定分析技術を保有しています。
また、アスベストの分析には欠かせない位相差分散顕微鏡とX線回折装置を保有しているため、スピーディーに分析を行うことができます。
空気環境測定の場合、試料採取後、翌営業日に、午前中採取であれば当日に結果の報告が可能です。
また、建材・吹付け材の場合、試料到着後2日で結果の報告が可能です。

3.使用建築物の解体・改修工事も請け負います

含有が認められた場合、除去や封じ込め、 囲い込みといった措置が必要になります。
STSでは、住友電工グループ各社の工場新設や改築、解体で培った高度な技術とノウハウにより、さまざまな使用建築物の解体および除去後の改修工事を請け負うことができます。
また建設施工業者に依頼する際には、当社のコンストラクションマネジャーが計画の立案をお手伝いし、適正な工事監理を行います。
私たちにおまかせください!

4.除去工事モニタリングでは、10本/Lを超えた試料は、無料で「灰化処理&分散染色法」で再分析を致します。


ご依頼・お問い合わせ
   アスベスト問合票【Excelファイル 33KB】
   アスベスト依頼票【Excelファイル 52KB】をダウンロードしていただき、必要事項ご記入の上、
   最寄の分析センター宛にFAX送付・もしくは電話連絡をお願い致します。


   (大阪) TEL 06-6466-6517 FAX 06-6466-6597
   (伊丹) TEL 072-771-0647 FAX 072-771-2238
   (横浜) TEL 045-853-7288 FAX 045-853-7295



今後はアスベストを使用した建築物の解体が増えてきます


■アスベストは建材として使用されてきました

使用場所例
●鉄骨構造の建築物のはり、柱等(3階建て以上または床面積合計が200平方メートル以上)
●ビルの機械室、ボイラー室等の天井、壁
●学校、体育館、講堂、温泉施設等の天井、壁施工中止時期
●吹付け石綿…昭和49年以前に施工中止
●石綿含有吹付けロックウール…昭和55年以前に施工中止
●その他の石綿含有吹付け材…昭和63年以前に施工中止


イメージ
■処理には厳しい規制があります

関係労働者の健康障害防止対策の充実を図るため、平成17年7月1日より「石綿障害予防規則」が施行されました。この規則では、建築物の所有者・管理者に対して、石綿飛散のおそれがある場合は除去や封じ込め、囲い込みなどの措置を求めています。またこれらの措置においては「大気汚染防止法」にもとづく事前の届け出が必要です。
※詳しくは厚生労働省および環境省のホームページをご覧ください。


輸入量の推移
環境分析事業内容主な分析機器|アスベスト分析|RoHS分析
REACH分析土壌分析作業環境測定分析お見積もり
 
このページのトップへ
 
 
©2016 Sumitomo Electric Technical Solutions,Inc.
リンクについて個人情報保護方針サイトマップ